薬剤師に転職する人が増えている理由

薬剤師の転職理由として多いのはやはり他の職業と同じく、人間関係が多いです。薬剤師は、国家資格が必要な職業ですので、専門性も高く、需要もあるので、転職しやすいという面もあります。女性の方で出産を機に一度離れ、また子育てが落ち着いたら薬剤師として勤めるという方も多いです。

薬剤師になるために必要な資格

薬剤師になる為には、国家資格が必要となってきます。また、その国家資格を取る為の試験を受験するために平成18年からは6年間大学で薬学を学ぶ必要があります。6年間の学費が必要となる為、初期投資額はかなり必要となってきます。

薬剤師へ転職しようと思ったきっかけランキング

内服薬
no.1

安定した収入を見込める

やはり薬剤師というと薬剤師の資格を取る為の勉強が大変ということでハードルが高くなりがちです。しかし、その分一度資格を取ってしまえば、その資格を活かして働くことができます。資格がある分、給料も高いことが多いですし、薬剤師は全国的に需要が高い職となっていることから、安定した収入を見込めることが人気となっています。

no.2

家族に薬剤師がいた

何の職業でもいえることですが、身近な人物から受ける影響というものは大きいものです。薬剤師というと専門性も高い職業となりますので、何となくなりたいと考えるよりも、親や親せきに薬剤師の方がいて実際に働いているところを知っているというと親近感がわき興味を持ったという方も多いです。やはり身近な職業の方が良い点も悪い点も見えやすいので、職業の選択肢にのりやすいものです。

no.3

薬で人を救いたいと思った

医療関係従事者の就職理由として、自分が病気などで困っていた時に助けてもらい、自分もそういう存在になりたかったというエピソードがおおいですが、薬剤師も例に漏れずそういった経験をした方も多いです。自分が辛いときに、自分の立場に立った親身なアドバイスをしてもらいながら薬を処方してもらえたらそれだけで救われた気分にもなります。

薬剤師になるために必要な基礎知識!転職サイトの活用術を伝授

薬剤師と患者

薬剤師の求人を効率よく見つける方法

薬剤師の転職先を効率よく探すには、自分の生活範囲の薬局の求人がないか自分で確認するというのも手ですが、一度にたくさんの情報を見たいなら転職サイトを活用することがお勧めです。医療関係に特化した転職サイトも多く、実績が豊富なため、求人情報も沢山のっています。また、自分の希望の条件から検索できるので、マッチング率も高いです。

薬剤師

薬剤師の求人探しで気をつけること

薬剤師が転職を考える理由として、上位にあるのが人間関係です。どんな職業・職場でも人間関係は厄介なものですが、自分にあった職場かどうかは働いてみないと分かりません。そのため、もし可能であれば職場に相談し、初めのうちはお試しの感じで短時間勤務が可能か打診することも選択肢の一つです。もちろん、受け入れ側の職場にも負担が掛かってしまいますので、最終的にはフルタイムで働くということが前提となってきます。

広告募集中